ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「広島県地域通訳案内士」制度が新たにスタートします!

印刷用ページを表示する掲載日2018年4月12日

「広島県地域通訳案内士」制度が新たにスタートします!

  • 平成30年1月4日に施行された「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律」により,「地域通訳案内士」の制度が創設され,自治体が実施する研修による資格取得が可能となりました。
  • 広島県では,「広島県地域通訳案内士育成等計画」(平成30年4月9日,観光庁長官同意)に基づき,増加する外国人観光客に対して,広島に関する深い知識を持った,質の高いガイドの育成に取り組みます。
  • 広島県地域通訳案内士の登録に向けた研修の詳細につきましては,今後,県ホームページにて,お知らせします。

広島県地域通訳案内士の概要

・広島県地域通訳案内士に登録を受けた方は,「地域通訳案内士登録証」が交付され,広島県内において,
有償で,通訳案内(外国人に付き添い,外国語を用いて,旅行に関する案内をすることをいう。)をすることができます。

※資格を有さない者が,当該資格の名称や類似名称を用いることはできません。
※ただし,資格を有さない者でも,有償で通訳案内することは可能です。

・広島県地域通訳案内士は,広島県の歴史・地理・文化等の現地情報に精通しており,広島県が行う研修の受講,面談式による口述試験を経て,広島県知事の登録を受けた方々になります。

※研修受講に当たっては受講料が,登録に当たっては手数料が必要です。

 (1)活動区域 広島県内

 (2)対象言語 英語,中国語

 (3)応募資格  次の資格を有していること(日本語以外の言語を母語とする場合は,日本語能力試験N2級以上)

 
言語 資格
英語  TOEIC730点以上もしくは実用英語技能検定準1級以上
中国語 中国語検定2級以上もしくはHSK5級以上

 (4)登録に向けたスケジュール(予定) 

 
実施時期 内容
6月~ 制度の周知
7~8月ごろ 研修受講者募集時期
9~11月ごろ

研修実施(土日祝日を中心に実施)

※研修カリキュラムの全日程を受講した者に対して,面談方式による口述試験を実施

12月~ 地域通訳案内士の登録

 (5)その他 
 広島県地域通訳案内士の登録後,全国通訳案内士の定期研修や県が実施する研修に参加し, ガイド能力等の維持・向上を図る必要があります。

参考

 広島県地域通訳案内士育成等計画 (PDFファイル)(184KB)

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする