ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 頼山陽史跡資料館

頼山陽史跡資料館

トップページのスライドショー

1 展示の御案内 平成29年12月以降の展示

(1) 収蔵品展3 「屏風の味わい」

◇展示期間:平成29年12月13日(水)~平成30年1月28日(日)
◇展示解説会:いずれも午後1時30分から
 ・平成29年12月16日(土) ・平成30年1月13日(土)

展示の見どころ紹介

【1】「詠史詩屏風」安政2年(1855) 頼聿庵書 屏風装 紙本墨書 個人蔵(当館寄託) 
 頼聿庵が亡くなる前年の安政2年(1855)に揮毫した作品で、自作の詠史詩五首を大胆に書き上げています。父山陽の影響か、歴史上の出来事や人物に感情移入しやすい詠史詩は聿庵の得意とする所で、その豪快の書風と相まって唯一無二の世界を生み出しています。
 近年当館に寄託された作品で、今回が初公開です。
頼聿庵書の詠史詩屏風

【2】「四季山水図」  福原五岳筆 屏風装 紙本墨画 竹原春風館蔵
 福原五岳が,春夏秋冬の四季の移り変わりを描いた作品。福原五岳(1730~99)は,尾道出身の画家で,大坂に出て活躍した。南画の大成者といわれる池大雅と交遊があり,互いに影響を与えた。大坂の詩社混沌社の人々を始めとして,多くの詩人や学者とも交友を深めた。頼春水もその中の一人で,本図は二人の交友関係の中から頼家に伝えられたものと考えられる。
 四季山水図

2 「頼山陽と酒」図録の記述内容の訂正について

※平成29年10月から11月にかけて開催しました「頼山陽と酒」展の図録内容に,記述の誤りがありました。
関係のみなさまには心からお詫びいたしますとともに,以下の内容で訂正いたします。どうぞ御了解いただきますようお願いします。次のPDFファイルを印刷し御利用いただきますようお願いいたします。
 図録訂正一覧 平成29年度「頼山陽と酒」 (PDFファイル)(18KB)

(2)  特別展「ひな人形と春の書画展」

◇展示期間:平成30年2月1日(木)~3月11日(日)

(3) 特別展 全国公募「南画精華展」 

◇展示期間:平成30年3月16日(金)~4月1日(日)
◇授 賞 式 :平成30年3月15日(木)

 3 平成29年度連続講座の御案内

年間予定について一部,会場の変更があります。平成29年度(改訂)連続講座実施計画を御覧ください。

4 平成29年度南画精華展の募集要項

 平成29年度南画精華展募集要項 はこちらを御利用下さい。 

5 資料館の催しを動画で紹介中

(1)特別展「現代刀の味わい」(約7分)
H28現代刀の味わい展
(2)特別展「現代水墨画の旗手たち」(約7分)
H28現代水墨画の旗手たち
(3) 関連動画の紹介 ~【日本文化紹介の動画】
 日本大使館広報文化センターが刀剣製作の工程を英語版のfacebookで公開しているものです刀鍛冶,研師,鞘師(さやし),彫金師,柄巻師などの仕事の様子を紹介しています。
◇在米国日本大使館広報文化センターのフェイスブックのURLは次の通り。
https://www.facebook.com/JICC.JapanEmbDC/videos/1784032218293554